初キャンプに必要だった道具~これだけあればとりあえず大丈夫!

いろいろと道具の要るキャンプですが、まずは大きな道具。
これさえあればとりあえず衣食住はできるだろうと思われるものをまとめます。

 

スポンサーリンク

必要と思われるキャンプ道具

テント

これがないと夜寝る場所がないので必要不可欠。
ただ、アウトドアを手軽に楽しみたいのなら、バンガローやコテージなどを利用するのもいいかも。
我が家の場合、キャンプを始めた理由が宿泊費を抑えるためだったので、ホテルや旅館よりは安いけれどもそれでも高いなぁと感じるバンガロー等を利用することはほぼありませんでした。(←例外あり)

購入したテントはモンベルのムーンライト7。
月明かりの下でも設営できるというコンセプトのテントです。
パパの一押しおすすめテント!(*’▽’) ちょっとお高めだけど。何年も使うものと思えば…。

コールマンやスノーピークのカッコいいテントが並ぶテントサイト。
そんな中、グリーンのコロンとしたフォルムのモンベルテントも可愛いですよ♪

 

モンベル(mont-bell)のムーンライトテント7型~簡単7STEPで設営できる!
こんにちは、chie@だんご3兄弟ママです。 今日は我が家のテントのご紹介。 今思いましたが、このブログのアイキャッチ画像、今のところムーンライト7ばかりです(笑) モンベル(mont-bell)・ムーンライトテント7型 月...

 

タープ

日よけです。なくてもどうにでもなりますが、夏の陽射しの下、直射日光を浴びるのは暑いし紫外線も身体に良くないです。あと、最低限のプライバシーが守られます。←タープがないとサイト内丸見え。

初めに購入したのは、カンタンタープ240…だったかな??
夏キャンプに行く前に、蚊やブヨの襲撃を回避するためのメッシュスクリーンを追加購入。

丸一年、使用しての感想。設営は本当に簡単なので初心者にはおすすめ。
何も考えずに組み立てられます。

ただ、風に弱いのが難点でしょうか。
我が家のカンタンタープは強風でバキバキにへし折られてしまいましたので…。
現在は違うタープを使用しています。

 

関連記事はこちら↓

【初心者キャンプ】少し慣れたころの恐怖体験~タープ大破、テント飛ぶ風の恐ろしさを知る
こんにちは、chie@だんご3兄弟ママです。自然現象って怖い!と本気で感じた過去キャンプでの恐怖体験記です。強風でタープは破壊されるし、テントは吹き飛ばされます。雨よりも何よりも、風の日のキャンプは十分にお気をつけください。

 

シュラフ(寝袋)

就寝時に必要です。真夏の暑いキャンプにおいては必ずしも必要ではないかも。雑魚寝でも十分。

購入したシュラフは、ベアーズロックの-6℃まで使用できるもの。封筒型。
選んだ理由はクマのマークが可愛かったから(←はい、わたしの独断で)

フルオープン型のシュラフなので、暑ければファスナー全開にして敷布団として利用。
ちょっと暑いな~くらいだった足元だけオープンしておけば涼しいかな。
わたしは寒がりなのでいつでもシュラフ内に収まってます。

軽いのでお気に入りですが、残念ながら-6℃の状況下では凍死すると思います(*’▽’)w

 

テーブル、チェア

食事や団らんのときに必要。なくてもレジャーシートでもなんとかなるかも。
テーブルは脚の長い天板アルミロールの…メーカーは謎。
チェアは、ホームセンターとかでも良く見かけるコールマンのあれ。
座れて食事ができればなんでもいいかな…と最初は思いました。(←でも後々買い替え)

 

買い替え後の記事がはこちら↓

ハイスタイルからロースタイルへ変えた理由~まったりキャンプへの道
こんにちは、chie@だんご3兄弟ママ(@dango3camp)です。 長かった夏休みもそろそろおしまい。週明けから2学期スタートです。 次男の貯金箱づくりが終わらないようなのでもう手を出さないとダメかな(;'∀') さて今日...

 

ランタン

LEDランタンを購入。大きいのが1つと、小さめのが3つ(←逆さにして吊り下げ可)。
電池式なので電池さえあれば明かりがつくのが良いと思います(´ー`*)ウンウン

ガソリンランタンを使っているサイトを見るとほんのりあったかい感じの明かりがとても羨ましく思うけれど、初心者にはハードルが高いような。

使い勝手の良いLEDランタンおすすめ。

 

キャンプで使うランタンの種類、どれがいい?~理想と妄想と現実
こんにちは、chie@だんご3兄弟ママ(@dango3camp)です。夜のキャンプ場において欠かすことのできない重要アイテム、ランタン。ガソリン・ガス・LEDの3種のランタンのメリットとデメリット。現在、我が家で使用しているLEDランタンの紹介と、憧れてやまない温かみを帯びたガソリンランタンの灯りへの思いなど。

 

コンロ

最低限、火が点けばフライパンが使えてお湯を沸かすことができますね。
おうちにガスコンロがあれば初めはそれを持参するのが手っ取り早いかもしれません。

我が家で購入したのはIwataniの風まる。
とにかく風に強くて、野外炊事でも調理中に火が消えることがありませんでした。
(↑後に別売り品のたこ焼きプレートを購入、たこパも楽しめます!)

風まるくん最高です(笑) 今でも風まるくん2台でキャンプしてます。

 

キャンプでの料理にはイワタニのカセットフー風まる~アウトドアでも簡単便利!
こんにちは、chie@だんご3兄弟ママです。 お盆休みも終盤、今日も外は暑さが爆発しているようです。 我が家はパパの仕事の関係上、お盆休みはないため…母子はエアコンの効いた涼しいおうちから出ません。 夏の間にもう一回くらい川に行き...

 

調理用具、食器類

これもなんでもいいですね。いざとなれば調理用具はレンタルでも。
環境には優しくないけど、初めは紙皿・紙コップに割りばしでもOK。

ただ、1歳児がいたので小さい子用の食器セットは持参しました。
あとは、IKEAのカラフルなプラスチック食器を使ったのと、ピクニックセットみたいなプラスチック食器の一式を購入。

 

クーラーボックス

食材や飲み物を入れておくのに必要。合わせて、保冷材も。
暑い時期のキャンプには不可欠ではないでしょうか。車に積んでおけば普段のお買い物のときにも役に立つのであって損はない道具。

コールマンの良くあるクーラーボックスを購入しました。

 

スポンサーリンク

あって役にたったもの

レジャーシート

ちょっと荷物を置いたり、子どもたちを遊ばせておいたり。
テントの入り口に敷いて玄関代わりにしてみたり。
テント入口には今でもレジャーシートを敷いています。

すのこを購入して置いたこともあったけれど、割とかさばるので。
場所をとらないレジャーシートが一番かなぁと思い至りました。
(←ただ、風が強いと飛ばされます。1枚消えました)

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が最初のキャンプで必要だったものですが、やはり色々と買い足すことにはなります。

ネットでいろんなキャンプ道具を見てるとほしくなったりしますが。
キャンプ道具を購入するのは我が家ではパパの管轄なので。
必要最低限のものしか買っていない様子。
しかも外観にもあまりこだわらない性格のため、チェアがみんな同じじゃなくても気にしません。
座れればいいでしょ的な。

見た目にこだわるなら、初期投資は大きくなりますが初めからお気に入りを買い揃えるのがいいですね。
キャンプ道具も高いので、あとで買い変えようと思ってもなかなか買えないので(*’ω’*)

我が家では、おしゃれキャンパーへの道は諦めてます(笑)

 

 

 

Profile
この記事を書いている人
chie

男子3兄弟のアラフォー母(*'ω'*)
三男が1歳2ヶ月のときに完全初心者からのキャンプデビュー。

2018年現在、上から11歳(小5)、7歳(小1)、4歳(年少)
子どもたちにキャンプを楽しませたい!
できれば自分も楽しめるファミリーキャンプを目指して♪

chieをフォローする
初心者キャンプ
スポンサーリンク
chieをフォローする
だんご3兄弟と一緒に~Let's Camp !

コメント

タイトルとURLをコピーしました