モンベル(mont-bell)のムーンライトテント7型~簡単7STEPで設営できる!

こんにちは、chie@だんご3兄弟ママです。
今日は我が家のテントのご紹介。
とても簡単に設営ができ、子どもに手がかかるファミリーキャンプには特におすすめです。

慣れればママひとりででも設営できちゃいますよ(*’▽’)

(※2020年1月画像追加しました!)

 

スポンサーリンク

モンベル(mont-bell)・ムーンライトテント7型

月明かりの中でも設営できると謳われているモンベルテントのシリーズです。
この7型は、6~7人用とのこと。

さて、我が家のテント選びはパパだったので、わたしがこのテントを見たのは自前のキャンプ道具で初キャンプをしたモビリティパークのとき。
まだ三男が1歳3ヶ月になろうとしていた2015年7月、ヨチヨチと歩き始めたころ。

こんなへっぴり腰の。
長男がよく面倒は見てくれましたが。
完全には目が離せない状態だったため、テントの設営はパパひとり。
(↑そもそもキャンプしようと言い出したのはパパだったし)

初テント設営は少し手間取ったようでした。
それでも、キャンプ初心者でも説明書を片手にひとりで組み立てられました。
事前にネットで設営の仕方は検索したようでしたが、そのころはムーンライトのレビューが少なったようで、困っていた様子。

キャンプ2年生になった頃から、わたしも少しずつお手伝い。
3年生になった今年、わたしひとりでも設営ができるようになりました(*’▽’)

簡単です!

 

スポンサーリンク

ムーンライト7の設営の仕方

(※2020年1月、画像追加しました!)

ムーンライト7は、すっごいコンパクトな収納袋に収まっています。
広げると。

こんな感じに。
まずはグラウンドシートに合わせて広げてしまいましょう。
※こちらのグラウンドシートもモンベルにて購入。

差し込み式でカチカチとはめ込んでいくだけのポール。
ポール内部はコードで繋がっています。

これを2セット交差させた状態でテント本体を吊り下げます。

↑テント本体のど真ん中に吊り下げるフックが付いています。

そして、テントの4つの端っこに2ヶ所ずつ、全部で8つの差し込みプラグがついているので。

これを、ポールの先端に差し込んでいきますよ(*’▽’)

ぐいっと。
大した力も要らず、すぽっと入ってくれます。

 

雨の日など、ぬかるんでいる状態でポール先端を地面に突き刺してしまうと、ポール内に泥が入り込んでプラグが入らなくなってしまうのでご用心(-ω-)/

 

次に、テント上部4隅をゴムで留めます。

こんな感じのハート型に♡

 

3つまでは簡単にゴムを引っ掛けることができますが、最後のひとつは少しばかり力を入れて引っ張らないと止められません(;’∀’)
素手でやると、か弱いママさんの手はゴムに挟まれて痛い思いをする可能性も。
特に冬場は泣きそうになるので…手袋、軍手などがあると良いですね。

 

上部もゴムで留まったら、あとはパチパチとフックをポールにかけていくだけです。

 

全体像で見るとこんな感じ↓

 

終わったらフライシートをかけます。
フライシートの内側に引っ掛けるフックがついているので、上部ポールの4隅に差し込みます。

フライシートの下部8つの隅にもフックがついているので。
これも引っ掛けますよ。

 

あとは8つの隅をペグで地面に固定して。

テント設営完了!

コロンと可愛いフォルム(´-`*)
テント内は横一列に家族5人分のシュラフが並べられますよ♪
ただし、体の小さな子どもが3人なので、大人が5人だと横一列はキツイかな…

 

スポンサーリンク

ムーンライト7、ひとつ難点を挙げるとすれば。

前室が狭く(むしろほぼない)タープとの連結が難しいところでしょうか。

夏場のキャンプでは雨が降りそうならばビッグタープをテントに半分かぶせる形で設営すれば雨に濡れずにタープ⇔テントへ移動できますが。

↓ちょっとわかり辛いけどこんな感じ。

冬場のキャンプでは、同じくモンベルタープのアストロドームを連結してみましたが。
↓奥、右側がアストロドーム、左側がムーンライト7。

中はこんな感じ。(汚くてすみません…)
無理やり連結しましたが、きっちり連結するパーツがないため、就寝時などはムーンライト側もアストロドーム側も連結を外して入り口は閉めます。テント内に冬の冷たい風が吹きさらされるは無理なので。

雪なんか降ってしまうと大変です。
ムーンライトとアストロドームの間に雪が積もります。行き来が一切不能に。

行き来が不能になってしまった初の冬キャンプの苦悩…。
上の写真では連結していたアストロドームの出入り口を閉じていますが、この部分に雪が降り積もりました。まさかこんなに降るとは予想もせず。
北軽井沢スウィートグラスでの冬キャンでしたが、常設タープがあるサイトだったので。
切り離してムーンライトだけそこへ避難させました(;’∀’)

まあ、連結ができなくても、雨が降ったり雪が降ったりしなければOKです(笑)

 

アストロドームのレビュー記事はこちらから。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

モンベル(mont-bell)ムーンライトテント7型。
特に大きな力も必要とせず、とても簡単に設営できるので。
キャンプ初心者の方にはおすすめなテントです。
すこーし…お高めではありますが。
何年も使うものと考えれば!

設営が簡単な分、キャンプの時間、他の楽しみに使えますよ(*’ω’*)
手間はたったの7つ!

設営の仕方
①ポールをカチカチッとつないで
②テント本体をぶら~んと吊り下げて
③ポール下部8隅にサクサクッとアルミプラグを差し込んで
④上部4ヶ所をゴムでバチンッと留めて(←ここちょっと力が必要)
⑤ポールにパチパチッとフックをかけて
⑥フライシートをエイヤッとかけて
⑦ペグをコンコンッと打ちつけて
完成!

ほーら簡単!
7 STEP (´-`*)

これまでのキャンプ経験上、モンベルのテントは同じキャンプ場に他にひとつあるかないか。
色もグリーンで目立つので子どもも迷いません(笑)

前室がほぼ無くタープとの連結が難しいところがわたし的には難点と言えなくもない状況もありましたが。
年に1回、あるかないか。何度もそんな状況にはなりません。

この簡単な設営がまず一番!
春夏秋冬どの季節でも使える良いテントです!(*’▽’)

来年には6年生になる長男。
もうこのテントの設営、ひとりで出来るんじゃないかしらと。
設営を1から叩き込もうかと目論んでいるところです。

 

 

 

 

Profile
この記事を書いている人
chie

男子3兄弟のアラフォー母(*'ω'*)
三男が1歳2ヶ月のときに完全初心者からのキャンプデビュー。

2018年現在、上から11歳(小5)、7歳(小1)、4歳(年少)
子どもたちにキャンプを楽しませたい!
できれば自分も楽しめるファミリーキャンプを目指して♪

chieをフォローする
キャンプ道具&小物
スポンサーリンク
chieをフォローする
だんご3兄弟と一緒に~Let's Camp !

コメント

タイトルとURLをコピーしました